experth

2017/11/24

オーストラリアワインについて❤️(白ワイン編)at Dan Murphy’s

エキスパースをご覧のみなさま、こんにちはっ

オフィシャルブロガーのRYOKOです

今週は天気が良く、風も涼しく、快適で過ごしやすい日が続いているパースです

春が終わり花粉もあまり飛ばなくなったようで、花粉症持ちの私はだいぶ症状が楽になってホッとしています

 

さて、最近の私といえばすっかりハマっているのがワインの世界

オーストラリアは良質なワイン生産国として世界的に有名で、様々なタイプのワインが全国各地で生産されています

どのレストランやバーに行ってもワインリストが充実しているのは当たり前で、特にパースでは西オーストラリア産のワインが好まれ至る所で販売・取り扱いされています

美味しいもの好きな私はレストランによく行くのですが、食事に合うワインの選び方は最近までよく分かっておらず

パースが大好きなのに、パースの人が生活の一部として愛してやまないワインについて知らないのは勿体無い!!と思い少しずつ勉強し始めたのですが、知れば知るほど奥が深いワインの世界に今はすっかりハマっております

最近は、家でも食事と一緒にワインを飲む機会がぐっと増え、友達との食事にも気になるワインを買って持って行ったり、仕事先では(レストランです!)お客さんがお店に持ち込んだボトルの写真を撮って(笑)銘柄や産地を覚えたり※と精力的に勉強中

※オーストラリアにはBYO〜Bring Your Own〜というお酒の持ち込みをOKしているレストランが数多くあります

先日も誕生日には友人達が最近ハマってるから、とプレゼントに物ではなくワインをくれました(笑)有難い

まだまだ学び始めな私の知識ではありますが、初心者だからこそのベーシックな知識をみなさんにもぜひ共有したいと思い、今回はオーストラリアで一番ワインが安く手に入る大型リカーストア”Dan Murphy’s”の写真を交えつつ、オーストラリアで好まれるワインについて書いてみたいと思います

 

Dun Murphy’s(ダン・マーフィーズ)

オーストラリア全土で200店舗以上を構える大手リカーストアオーストラリア産のワインが最安値で手軽に手に入ります他にも、ビール、ウィスキー、インポートなども充実していますよ

西オーストラリアにはマーガレットリバー・スワンバレーといった有名なワイナリー地帯がパース近郊にあるので、本当はワイナリーに直接行って購入するのが一番ですが、車がないと行き辛いのが難点

旅行でパースへ来てワイナリーまで行くのが難しい!という方や車がない学生さんにオススメなのがこちらのリカーストアです(注:オーストラリアでのお酒は18歳から

どの店舗も広々としていて、ありとあらゆるお酒がずらりと並んでいる様子は圧巻です

ホストマザーに連れて来てもらい初めて訪れた時は、ワインだけでも数え切れないほどの種類が揃っているので、一体何を基準に選べば良いのかさっぱり分からず、「甘めが好き、苦いのが苦手」くらいなリクエストで代わりに選んで貰ったのを覚えていますとにかく凄い量のワインが並んでいるので、パースへ旅行でいらっしゃるワイン好きな方でもお気に入りがきっと見つかるはずお土産選びの場所としてもぴったりです

 

オーストラリアワインの特徴

ヨーロッパのワインに比べて、ぶどうの果実味溢れるフルーティーなワインが多く、作り手であるオーストラリア人のおおらかでフレンドリーな性格と広大な自然を反映するような、親しみやすく飲みやすいフレッシュなものが多いです

出来たそばから飲んでも美味しいので、熟成させることなく早飲みする人が多く、レストランやリカーショップにも新しい年代のものが中心となって取り扱われています(今

ならば2017.2016.2015など)

 

赤ワインと白ワインの違いについて

赤ワインは、黒ぶどうの皮と種ごと潰して発酵させ、絞ったワイン皮が入っていることで、赤ワイン独特の色合いが生まれ、皮に含まれる成分・タンニンによって白ワインに比べて渋みがあるのが特徴です

白ワインは、ぶどうの皮と種を取り除き、果汁のみを絞ったあと発酵させたワインタンニンが微量なので、渋みが殆どなく口当たりが滑らかで飲みやすいのが特徴です

 

白ワインの人気品種

白ワインの世界3大品種と呼ばれているのが以下の3つそれぞれの特徴をざっとご紹介したいと思います

 

①Sauvignon Blanc(ソーヴィニヨン・ブラン)

草っぽい香りと爽やかでキレの良い酸味が特徴の品種

安くても美味しいのでオージーにとっても人気があります

熟成させず、ジュースのようにフレッシュな内に飲むのが美味しいと言われていて、レモンや酸味の効いたドレッシングをかけた時に美味しい食べ物と相性抜群です

白身魚やカルパッチョ・チキンやフルーツ入りのサラダなど、さっぱりとした食べ物によく合います日本料理の中だと、天ぷらやトンカツ、唐揚げなどの揚げ物にも合いますよ

 

 

②Riesling(リースリング)

酸味が強く、柑橘系フルーツ甘い香りがとても華やかな品種酢の物などの酸味・塩味が強いものに合わせやすいとされています

カルパッチョや生牡蠣、軽めのソースの白身のお刺身、スパイシーで香草の効いた料理などと相性が良いです

 

 

③Chardonnay(シャルドネ)

白ワインぶどう品種の王様と呼ばれ、オーストラリアで最も生産量が多い白ワイン樽との相性が非常に良いので、良いものはたいてい樽で熟成されているのだそう。手間とコストが掛かるため全体的に価格が高めなのが特徴です

ソーヴィニヨン・ブランに比べて穏やかで柔らかい香りがし、飲むと口に余韻が残り、渋みもあります

まろやかでコクのあるバター、クリームなどの乳製品が含まれるもの(クリームソース系パスタ)や、鶏肉・豚肉などのさっぱりとした白い肉、濃い味付けの魚(西京焼き・ブリの刺身)、天ぷらなどの揚げ物と相性が良いです

 

…というわけで、今回はざっとオーストラリアで人気の白ワインについて書いてみました

少しはお役に立ったでしょうか?

Dan Marphy’sを含め、リカーストアではぶどうの品種ごとにワインが並んでいて、さらにその中から産地や価格を見ながら選んでゆく形になります

レストランでも種類が豊富なところではワインリストは品種ごとに書かれているので、その時の気分やオーダーする予定の食べ物に合わせて選べるようになるオーストラリアでの食事がぐっと楽しくなること間違いなしです

次回は赤ワインについて書きたいと思いますので、お楽しみに


☆★☆★ブログランキング参加中☆★☆★ぜひ下のボタンをポチッとお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ パース情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 旅行ブログ オーストラリア旅行へ