experth

2017/12/01

オーストラリアワインについて❤️(赤ワイン編)at Dan Murphy’s

エキスパースをご覧のみなさま、こんにちはっ😉💕

オフィシャルブロガーのRYOKOです✨

今週も良いお天気の日が続き、週末は30°を超える夏日になる予定のパースです🌞

風が涼しいので日陰にいれば日中でも気持ちよく、家にいるのが勿体なくなる季節です(…と言いつつ家でブログを書いているわけですが…笑)

 

さて、先週はオーストラリアワインの中でも白ワインについて書かせていただきました🍷

(先週のブログはこちら→http://www.experth.com.au/blog/ob115/

日本にいる時からワインの味自体は好きでしたが、白ワインと赤ワインの違いや、ぶどうの品種の違いについては全く知識もなく、あまり意識したこともなかった私🍇

オーストラリアに来て、どのレストランでもワインが充実していて、当たり前のように品種別に書かれているメニューにびっくり😮‼

いつもどう選んだら良いのか…と迷いつつ何となく目についたものや店員さんにオススメを聞いて頼んでいました💁

でも、大好きなパースを知るには、パースの人が日常的に飲んでいるワインについても知っておくべきだ!!と感じて最近少しずつ勉強し始めたところ、ちょっとした知識が増えるだけでワイン選びが楽しくなることに気づき、今はすっかりワインにハマっています😍

まだ学び始めではありますが、初心者だからこそのベーシックな知識をみなさんにも共有出来たらと思い、今回もDan Murphy’sの写真を使いつつ、先週の復習も交えつつ、赤ワインについて書きたいと思います😊💖

 

 

オーストラリアワインについて

ヨーロッパのワインに比べて、ぶどうの果実味溢れるフルーティーなワインが多く、作り手であるオーストラリア人のおおらかでフレンドリーな性格と広大な自然を反映するような、親しみやすく飲みやすいフレッシュなものが多いです

出来たそばから飲んでも美味しいので、熟成させることなく早飲みする人が多く、レストランやリカーショップにも新しい年代のものが中心となって取り扱われています(今ならば2017.2016.2015など)

 

 

赤ワインと白ワインの違いについて

赤ワインは、黒ぶどうの皮と種ごと潰して発酵させ、絞ったワイン皮が入っていることで、赤ワイン独特の色合いが生まれ、皮に含まれる成分・タンニンによって白ワインに比べて渋みがあるのが特徴です

白ワインは、ぶどうの皮と種を取り除き、果汁のみを絞ったあと発酵させたワインタンニンが微量なので、渋みが殆どなく口当たりが滑らかで飲みやすいのが特徴です

 

赤ワインの人気品種

数ある赤ワイン品種の中でも、特にオーストラリアで人気の3種類をご紹介したいと思います💕

 

①Shiraz(シラーズ)

オーストラリアを代表する品種で、最も多く栽培されている品種でもあります🍇濃厚でスパイシー、オーク(樽)の香りとタンニン(渋み)が特徴です。

色は深みのある濃い色合いで、ダークプラムなどの濃いフルーツやスパイシーな香りがするものが多く、胡椒の効いたステーキなどボリュームのある料理や濃いめのソース系料理によく合います🍗

ビーフステーキの他にも、ラム肉、ローストビーフ、ビーフシチュー、味の濃いチーズなど、オーストラリア人の好む料理と相性抜群なのでシラーズが好まれるのも納得😄

南オーストラリアにあるバロッサバレーのシラーズは良質なことで特に有名で、パースでも好まれています💓

 

 

②Pinot Noir(ピノ・ノワール)

赤ワインの中では比較的軽やかで渋味も控えめ、なめらかな味わいの品種です🍇

赤ワインは渋いので苦手…という方には、飲みやすいものが多いのでオススメです🎀

かく言う私も赤ワインは苦いので白ワインの方が好きだったのですが、ピノ・ノワールは渋過ぎず美味しく飲めたので、赤ワインでも品種によってこんなに違うんだ!とびっくりしたものです‼

色はシラーズに比べて薄く、透明感のあるルビー色をしています🍷

軽めの肉料理(タレ味の焼き鳥、鶏肉の赤ワイン煮込みなど)、きのこ料理、トリュフ、サーモン・マグロなどの脂身の多い赤みの魚と相性が良いです🍣

 

③Cabernet Sauvignon(カベルネ・ソーヴィニヨン)

“赤ワインの王様”とも称される、世界的に愛され高く評価されている品種です🍇💓

様々な土地に対応出来るほどぶどうとしてのポテンシャルが高く、世界で最も栽培面積の広い赤ワイン品種の一つでもあります✨

色は濃いルビー色をしていて、渋くて思い味わいが特徴です。オーストラリアのカベルネ・ソーヴィニヨンは、カシスやブルーベリーなどのよく熟した濃い果実香がします🔱

熟成を楽しめる重厚なワインなので、寝かせてヴィンテージワインとして楽しめるワインとして有名ですが、オーストラリアは全体的に年代の新しい早飲みワインが多く、一般的に販売されているのは2014,2015など数年前のものです🍀

メルローとブレンドされることが多く、カベルネ・ソーヴィニヨン単体のものよりもまろやかな味わいになります✨

(飲みかけ写真でごめんなさい笑 こちらは西オーストラリアで一番有名なワイナリーエリア・マーガレットリバーのもの♪)

シラーズと同じく、赤みの肉料理との相性が抜群で、濃厚な味のパスタなどにもよく合います🍝

 

 

…と、赤ワインの品種は他にもまだありますが、オーストラリアで人気の3種をご紹介させていただきました😉💖

赤ワインといっても、品種が違えば香りも味わいも全然違う!それぞれの特徴を踏まえて、その時に一緒に楽しみたい食べ物に合わせたり、気分に合わせて自分でチョイス出来るようになるとオーストラリアライフがぐっと楽しくなりますよ😆🌟

それぞれのワイナリーによってももちろん特徴があるので、これからも少しずつ試しながらワインを通してオーストラリア・パースにもっと深く触れて・もっと理解を深めていきたいと思っています💞

みなさまもぜひワインを通して、パース旅行・パースライフを楽しんでみてくださいね‼


☆★☆★ブログランキング参加中☆★☆★ぜひ下のボタンをポチッとお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ パース情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へにほんブログ村 旅行ブログ オーストラリア旅行へ