Jay's English Lesson

第20回 日本語と全然違う?! 動物に関する英語まとめ

更新日:2017/05/19

Welcome to Jay’s English corner! ジェイの英語コーナーへようこそ!

今号の「パースで出会える動物たち」特集に合わせて、今回のレッスンでは動物に関する英語を紹介します。まずは複数の動物を数えるときと各動物の赤ちゃんの呼び方を紹介します。英語ではLots/many of animals(たくさんの動物)は普通に言えますが、実は複数の動物を呼ぶときは動物によって表現が異なります。下記で一般の動物とオーストラリアで会える動物を一部紹介します。

動物
複数を数える時
赤ちゃんの
人間
A crowd of people
Baby/infant
A kennel of dogs
Puppy
A litter of cats
Kitten
A flock of birds
A school of fish
A herd of Horses
Foal
カンガルー
A mob/herd of Kangaroo
Joey
コアラ
A colony of Koala
Joey
ウォンバット
A mod of wombat
Joey
ウォンバット
A herd of swan
Cygnet

例1)There are a herd of Kangaroo sleeping over there. (たくさんのカンガルーがあそこで寝ているよ)
例2)A flock of birds just flew by. (さっきたくさんの鳥が飛んで行った)

動物の鳴き声の表現も日本語と異なるため、一部をご紹介します。

動物
鳴き声
犬 (Dog)
Woof (ウーフ)
猫 (Cat)
Meow (ミャオウ)
馬 (Horse)
Neigh (ネイ)
牛 (Cow)
Moo (ムー)
羊 (Sheep)
Baa (バー)
雄鶏 (Rooster)
Cock-a-doodle-doo(コッカドゥードゥルドゥー)
豚 (Pig)
Qink (オインク)
アヒル (Duck)
Quack (クァック)

また動物の種類も英語でまとめました。

動物の種類
英語
哺乳類
Mammal
鳥類
Birds
魚類
Fish
爬虫類
Reptiles
両生類
Amphibians

自然が溢れ、たくさんの動物に会えるのもパースの魅力の一つ。ぜひ実際に見に行ってみてくださいね。

このコーナーへの感想や、「こんなときなんて言えば良い?」などJayくんへの質問はお気軽にこちらまでどうぞ!


プロフィール写真

Jay Therry-Lim (ジェイ・テリーリム)
パース生まれ、パース育ち。名門、西オーストラリア大学にて日本語と金融を専攻し、現在はシンガポールにあるアメリカ企業でアジア営業を担当。日系顧客が多いため、現在でも日本語を使う場面が多い。様々な国で生活した経験があるが、パースが一番落ち着くという’Perth Boy’。