Jay's English Lesson

第34回 SNSで使える英語表現

更新日:2019/09/20

Welcome to Jay’s English corner! ジェイの英語コーナーへようこそ!

今回の英語レッスンは、InstagramやFacebookを代表とする、SNSで使える英語表現です。
最近は多くの方がSNSを使っていると思いますが、「カッコイイ英語表現を使いたい」という声が多いものの、どうしても英作文のようになってしまったり、ボキャブラリーがなくワンパターンになってしまう、などのお悩みをよく耳にします。英語の表現では、シンプルかつポイントを掴んだコメントの方がかっこよく聞こえるので、下記で一言フレーズを集めてみました!

●食べ物の写真をアップする時
例1:Can’t get enough of 〇〇 〇〇がやめられない
例2:Tasty takeout うまいテイクアウト
例3:Perfect snack 最高のおやつ•スナック
例4:I’m in heaven 天国にいるようだ ※美味しすぎる、素敵すぎる等のシチュエーション
例5:#foodporn #食べ物の誘惑

●景色の写真をアップする時
例1:So blessed to be here ここに来られて幸せ
例2:Recommend you visit at least once in your life! 人生で一度は訪れてみて!られない
例3:Best view in town 町で一番の景色
例4:Perfect view 最高の景色

●友達との写真をアップする時
例1:Besties for life 永遠の親友
例2:This guy is crazy but I still love him/her この人変だけど、それでも大好き!
例3:Don’t you wish you were here? あなたもここにいたいでしょう?
例4:Reunited with 〇〇 after 〇〇 years 〇〇年ぶりに〇〇と再会!

●友達の投稿にコメントする時
例1:Fire, lit 最高じゃん
例2:I’m so jealous of you 超うらやましい
例3:Looks awesome 美味しそう、楽しそう
例4:You’re the man! お前最高!

その他にも、
#r&r (Rest and Relaxation→ゆったりリラックス)
#outfitofthenight (今夜のコーデ)
#wednesdaymood (◯曜日の気分)
など、ハッシュタグをカッコよく使ったり、また上記の一言フレーズを繋げてハッシュタグとして使うこともオススメです。今すぐ使える表現ばかりですので、ぜひ早速活用してみてくださいね♪
上記の表現を使って、オーストラリアでの食事のシーンをより一層楽しんでくださいね♪

このコーナーへの感想や、「こんなときなんて言えば良い?」などJayくんへの質問はお気軽にこちらまでどうぞ!


プロフィール写真

Jay Therry-Lim (ジェイ・テリーリム)
パース生まれ、パース育ち。名門、西オーストラリア大学にて日本語と金融を専攻し、現在はシンガポールにあるアメリカ企業でアジア営業を担当。日系顧客が多いため、現在でも日本語を使う場面が多い。様々な国で生活した経験があるが、パースが一番落ち着くという’Perth Boy’。