ゴルフ道コラム

第22回 シーン別!パースのお勧めゴルフコース

更新日:2017/11/21

夏本番!ジャカランダも咲き乱れ、いよいよ1日2ラウンド出来る季節ですね!笑
留学のお客さんや、東京支店でお話しした方でも、パースにどんなゴルフ場があるのか知りたい方が多かった事もあり、完全に僕の私見ですが、シーン別、パースのお勧めゴルフコースをご案内します。
ちなみにオーストラリアは9ホール終えての休憩やランチはなく、スルースタイルが基本です。

①日本と似た感覚でプレイしたい!

◎Joondalup Country Club(ジュンダラップ・カントリークラブ)※写真上
◎The Vines Resort and Country Club(バインズ・カントリークラブ)など

共にリゾートに併設されたゴルフコース。ジュンダラップはかつて日本の女子ツアーの舞台となったり、バインズも2009年にはジョニーウォーカークラシックの会場となり、世界のトップ選手が集結しました。週末カート付きで日本円で1万円ちょっととリーズナブル。ジュンダラップをラウンドする際はスコアを気にせず、名物の断崖絶壁があるクォーリー•コースをご堪能下さい!

②格安パブリックでローカルゴルフを満喫したい!

◎Collier Park Golf Course(コリア・パーク・ゴルフコース)※写真上
◎Wembley Golf Course(ウェンブリー・ゴルフコース)など

パースでは基本芝から練習できる打ちっぱなしが多いのですが、ウェンブリーは珍しく日本と同じ人工芝、自動セットアップのスタイル。打ち下ろしの練習場で気分も良く、リフレッシュに最適です。ゴルフコース自体もアップダウンなどアンジュレーションもあり、“これで週末4,000円くらい!?”と驚いていただけるレベルかと思います。コリアパークはもう少しフラットで簡単という人も多いですが、実は玄人にファンの多いコース。手引きが基本。

③海外ならではの本気のリンクスを体験したい!

◎The Links Kennedy Bay(ザ・リンクス・ケネディベイ)※写真上
◎Secret Harbour Golf Links(シークレットハーバー・ゴルフリンクス)など

日本ではなかなか体験出来ない、本格リンクスコース。風は強いし地面は固い。天気も乱れやすい立地が多く、スコアを気にしていたら楽しめない人がほとんどなのがリンクス。それでも、折角パースに来たなら訪れてほしいのがこの2コース。ケネディベイはパースで最も難しいコースでも知られています。風が強いリンクスは低い球、という先入観を、高くて強い球が打てないとスコアにならない、と変えてくれる、コースがゴルファーを試すコース。シークレットハーバーはリンクス初心者にも受け入れやすく、プレイしやすいコース。リゾート的要素もあり、ランチ付きのプランなどもありお得感は感じてもらいやすい、お勧めしやすいコース。

いかがでしたか?日本と比べて安く、敷居が低く、ランチを食べないのが特徴。笑 
注意点はプレイスピードが総じて速いことでしょうか。ジュンダラップとバインズは比較的緩いですが、他はハーフで2時間半以上かかりそうだとプレイ中止を求められることも。プレイファストがルールであり、マナーであることが徹底されています。

このコーナーへの感想や、Ottoへの質問はお気軽にこちらまでどうぞ!


プロフィール写真

Otto
パースに引っ越して来た翌年の2009年から本格的にゴルフをスタート。現在のハンディは7.7。実はゴルフ自体よりクラブへの拘りの方が強いという話も。得意クラブは5番ウッド。Hartfield Country Clubメンバー。