100人に1人くらい裸足で歩いている人がいる街で

第25回 ポンチョはどこから来たのか?

更新日:2018/05/25

もうすぐワールドカップですね。今、対戦組み合わせ表を見ながら書いてるんですが、こういう時にあまり知らない国の事を知る機会だったりします。

オーストラリアの同組には「ペルー」。もちろん国名は知ってますが、ペルーといえば「マチュピチュ」くらいしか知らないです。で、調べてみたら…。

通貨単位は「ソル」って知ってました?

「ナスカの地上絵」もペルーでした。言われてみたら「あー」なんですが「ナスカの地上絵がある国はどこ?」とクイズ出されたら答えられました?

で、場所はもちろん南米。さらに地図を詳しく見てみるとブラジルのお隣、そりゃサッカー強いはずだ。

そして雨の日のスポーツ観戦には欠かせない「ポンチョ」発祥の地。正確には今のペルー辺りを中心とする、アンデス文明が栄えた頃からあるらしい。

で、日本の同組にはセネガル。セネガルと言えば?と聞かれても…すいません!何も出てきません。

で、調べてみたら…。

首都はダカール。ダカール?聞いたことあるぞ…そう、パリ・ダカール・ラリーの終着点。そして、日本とある共通点発見!それは「おもてなし精神」が根付いている国だということ。

ネットで「セネガル」と検索すると「おもてなしと平和の国」と出てきます。そういう精神があるからか、外務省の発表で「治安の良さ」が最高レベルらしいです。調べてみないとわからないものですね。

皆さんも気になる国があったら調べてみては?

このコーナーへの感想はお気軽にこちらまでどうぞ!


プロフィール写真

福原フトシ
パースを生活の拠点としながら、仕事の都合で日本とオーストラリアを行き来している放送作家。過去に手掛けた番組には「笑う犬の生活」などがあり、現在はTBS系で放送されている「世界さまぁ~リゾート」などの構成を担当している。