マーガレットリバー特集 第2弾!Arimia Winery (アリミア•ワイナリー)

自然の恵みへの感謝とリスペクトを忘れないワイナリー
ワインに使用するブドウはもちろん、野菜やフルーツなど自分たちの手で育てたものを中心に、オーガニックな材料を使ってワインとフードを手がけるArimia Winery。地元産の材料を購入するときは、例えば牛一頭丸ごと購入し、全てを料理に使う。自然の恵みに感謝しているからこそ、ゼロウェイストとその食材を最大限に活かすメニュー作りを心がけています。


↑オーガニックに育てられたブドウ畑の向こうには海が♡


↑自家菜園にはたくさんの種類の野菜や果物が栽培され、規模はさらに拡大中。ワイナリーの敷地内でなんと豚!も飼育しています。


↑ 写真中央:2017 Verdelho $25.0 (ヴェルデホ)
花とシトラスのフルーティな香りに、ドライすぎないソフトな口当たりが◎


↑ Scallop, tempura okahijiki (ホタテとおかひじきの天ぷら)
さっぱりとしたホタテにおかひじきの天ぷらが磯の香りと食感をプラス。


↑Smoked, pickled, and fermented beets (ビーツの前菜)
オーストラリアならではのビートルートを色々な食感で楽しめる一皿。


↑ Braised pork ragout (豚肉のラグーパスタ)
2日間じっくり煮込んだラグーソースはパスタとよく絡み合ってずっと食べていたくなる美味しさ。


↑ Fish, confit white bean and smoked tomato, bean salad (魚のグリル)
グリルされたマスと新鮮な野菜がぶつかり合わず、絶妙なバランスを表現。


↑ Stone fruit, black sesame, macadamia $16.0 (ストーンフルーツのデザート)
季節のフルーツにカリカリ食感のハチミツを加えたデザートは日本人好みのちょうどいい甘さ♡

Arimia Winery (アリミア•ワイナリー)


  • 住所: 242 Quininup Rd, Wilyabrup WA 6280
  • アクセス:マーガレットリバー中心部より、車で約30分
  • 電話番号:+61-8-9755-2528
  • 営業時間:<Cellar Door>10am – 5pm / <Restaurant>12pm – 3pm (Thurs – Mon)
  • Instagram:@arimiamargaretriver

※エキスパースのインスタグラムでもパースのカフェ&バーの魅力を発信中♪
エキスパースのインスタグラムをチェックする

マーガレットリバー特集 第2弾!


西オーストラリア州の人気観光地、マーガレットリバーの魅力を、エキスパースらしくディープに掘り下げてお届け!2014年にほぼソールドアウト状態になった、大人気号待望の第2弾として、よりローカルに、個人的には秘密にしたい(笑)ほど超♡オススメスポットを欲張りにご紹介します!

超豪華読者プレゼント♡ご応募は2019年4月21日(日)まで!

取材先の皆様から、オイシイ読者プレゼントをたっくさんご提供いただきました!
応募方法はたったの2ステップ!ふるってご応募ください♪