コラム
2019/03/24

第30回 今大学生で、海外就職にも興味があります。日本、もしくはオーストラリアでの就職について、アドバイスをお願いします。

私も大学時代は海外就職に大いに憧れを抱きました。誤解のないように前置きしますが、海外就職は論理的に考えるとリスクは高く、現地生活物価に応じて給与が支払われる事が多いため、給与もさほど大きくは期待出来ません。夢のない話をしましたが、個人的にはそれ以上に得られるものがあった海外就職。人生観や人との関り、...続きを読む
2019/01/20

第29回 ワーキングホリデーの期間が3年になりましたが、ぶっちゃけワーホリの経験は日本での就職にどんな影響がありますか?

私もワーキングホリデー(以下WH)経験者。日本を出る時には、ワーホリで留学なんて言えない、と色々な人から言われたものです。 WHビザで滞在するメリットは、「何もしなくても最低1年はオーストラリアにいられる事」になります。仕事をしたい場合は一雇用主で6カ月まで、勉強したい場合は最長4カ月、という制限が...続きを読む
2018/11/21

第28回 AI(人工知能)が代行できることが増え、将来的に色々な仕事が なくなる、という話を聞きましたが、本当ですか?

答えは基本的にはイエスですが、正確には仕事がなくなるのではなく、「変化する」と捉えた方が自然かと思います。この仕事の変化は、既に私達の日常生活でも見受けられます。スーパーのセルフレジ、レストラン等でのパネル注文、オンラインショッピング等がその例です。 昔は電車の切符も手売りの時代がありました。僕が中...続きを読む
2018/10/11

第27回 IELTS(アイエルツ)のスコアは日本での就職•転職に役立ちますか?

IELTSはブリティッシュ・カウンシルなどによって共同運営されている英語テストで、ヨーロッパや旧イギリス植民地国では一般的な英語テストです。リスニング(Listening)・リーディング(Reading)・ライティング(Writing)・スピーキング(Speaking)の4つのテストから成り、1.0...続きを読む
2018/07/25

第26回 今パースで仕事を探しています。 パースと日本で仕事に対する姿勢などに違いはありますか?

パースでの仕事探しでは、積極性が強く求められます。探し方のスタイルからして、ここで働きたい、という意思を伝える事はとても重要な要素です。日本では少しおとなしく見えるくらいがちょうど良い、という採用基準を多く目にしますが、こちらでは逆。積極性がない、イコールやる気がない、責任感がない、と思われがちです...続きを読む
2018/05/25

第25回 オーストラリアで「学歴」と「仕事」はどう結びつくのか?

大分弱まってきたとは言え、今でも日本は学歴主義が主流と言えます。ではオーストラリアでの大学卒業学位であるBachelor(バチェラー)はどのような意味を持つのかですが、専攻によっても異なります。 Accounting(会計)、Engineering(工学)、Nursing(看護)などは、それぞれの分...続きを読む
2018/04/04

第24回 オーストラリアと日本の雇用形態の違い

最近、オーストラリアと日本の雇用形態の違いについてご質問いただく機会が多いです。 オーストラリアでは大きく分けてPermanent(正社員)、Temporary(派遣)、Contract(契約社員)、Casual(アルバイト)の4つの雇用形態があります。これに働く時間によってFull-time(週3...続きを読む
2018/01/22

第23回 パースで就職活動の時期ってあるの?

日本では当たり前のように多くの人が経験する就職活動。よくパースに就活の時期ってあるんですか?と聞かれますが、特にありませんし、新卒は就職のハードルがとても高いです。 理由としてはシンプルで、新卒は経験者ではないから、雇用するメリットは低い、と捉えられ、これはグローバルでは一般的な考え方です。就活は日...続きを読む
2017/11/23

第22回 期間限定!好景気

資源価格低迷が3年程度と長期化する中、近年稀にみる数の人材紹介依頼をいただいています。とは言え、資源ブームと言われた時代と比べると3分の1程度ですが、ここ最近では群を抜いています。 背景としては、Wheatstoneプロジェクトと呼ばれる天然ガスの資源プロジェクトが生産開始し、輸出も開始したこと。ま...続きを読む