生活相談

美容第31回 キャリアアップのため、海外の大学•大学院留学を考えています。パースでの大学•大学院留学は日本での就職にどのようなメリットがありますか?

更新日:2019/05/26

来年は東京オリンピックですね。オリンピックがきっかけになっているように見えがちですが、日本というマーケットも近年大きな変化を遂げています。

かつては島国という立地、文化と言葉のユニークさから、色々な業種でアメリカに次ぐ世界2位のマーケットとして注目を集めた日本ですが、インターネットがインフラと確立してからは状況が一変。海外との繋がりが見いだせない、国内だけを対象とした大手企業は売り上げを確保する事が難しい時代になっています。

それは採用にも現れ、英語はもちろんですが、専門性があり日本以外の国の人ともコミュニケーションが取れる人材需要は確実に高まっています。パースは世界各国、日本と繋がりの強い東南アジア諸国からの留学生も、場所が近い事もあり大勢が大学・大学院で勉強しています。

また、これはオーストラリア留学全体に共通する事ですが、オーストラリアの大学・大学院での勉強は世界をフラットに見た勉強とも例えられるほど、お国柄のカラーが薄いのも特徴です。歴史が浅い国であることもあり、世界の良い部分を総合したような形で勉強出来、教授陣の出身国もバラエティに富んでいます。

世界を舞台に活躍したい、という人は多いですが、実際のその基礎となる知識や世界の縮図のような環境で生活した経験を持つ人は少ないも事実。パースは決して大都市ではありませんが、世界トップ100に名を連ねる西オーストラリア大学(UWA)はじめ、5つの大学を要する中規模都市。この街のサイズが人との距離を近くし、多国籍な街の環境をより活かしてくれている事は、ある意味学位以上のメリットとも言えます。

各エキスパートへの質問やこのコーナーへの感想はお気軽にこちらまでどうぞ!


プロフィール写真

岡乙飛子
オーストラリアにてリクルーターとして約9年間、人種を問わず一万人以上の面接を実施。日豪共に人事の経験もあり、現在はGlimpse Recruitment、人材紹介・派遣部門マネージャー。