生活相談

美容第32回 日本では仕事探しにあまり苦戦する事がなかったのですが、パースではなかなか上手くいかず困っています。皆どうやって見つけているのでしょうか。

更新日:2019/07/29

パースで海外就職を実現するポイントは①永住権など働けるビザがある ②高い英語力 ③仕事内容に関連性の高い学位や経験がある、の3点が主なポイントになります。現在どのようなビザをお持ちで、どのようなお仕事を希望されているかによってアドバイスはかなり異なりますが、上手くいかない要素に上記3点が影響していないかをまずチェックしてみてください。

「そんなの、最初から揃っていたら苦労しない」と思われる方も多いでしょう。私も海外就職してからの独立でしたが、最初は永住権もなく、英語力も会話程度、学位も職歴も、今のキャリアとは全く異なるフィールドでした。

大切な事は、“急にオリンピック選手になろうとしないこと”です。

勿論、誰もがオリンピック選手になれるわけではありません。ただ、日々の努力でそこに近づく事は出来ます。

どれだけパースや海外生活に憧れや希望が強いかにも寄りますが、まず希望されているお仕事がどのような学位や経験を求めるかをご確認下さい。主に出入りが激しい業界や人手が少ない仕事になりますが、職種によってもそこまで学位や経験を求めないケースもあります。

根本的な部分を言えば、海外就職は根気と自分を信じ続ける事が何より大切です。私はシェフ時代、働きたいレストランに5回断られましたが、それでも諦めなかったらチャンスをくれ、雇われてからはシフトも早々に多くもらいました。ビザも英語力も、経験や学位がなくても出来ることはいっぱいあります。折角日本と違う環境に身を置いているのですから、その違いも楽しむくらいの気持ちで失敗も経験に変えていってみて下さいね。

各エキスパートへの質問やこのコーナーへの感想はお気軽にこちらまでどうぞ!


プロフィール写真

岡乙飛子
オーストラリアにてリクルーターとして約9年間、人種を問わず一万人以上の面接を実施。日豪共に人事の経験もあり、現在はGlimpse Recruitment、人材紹介・派遣部門マネージャー。