コラム
2019/03/24

第30回  日本とオーストラリアの税金制度で一番違うポイントは何でしょうか? 

今回のご質問について個人に係る税金に絞ってお答えしたいと思います。私が日本の税金の専門家では無いという点と、そもそも複雑な税制を二国間同士で比較するのは非常に難しいので、一概にお答えできないというのが答えになってしまいます。ただそのような中、明らかでかつ大きな違いは、相続税と贈与税が豪州には存在しな...続きを読む
2019/03/24

第28回 ブリッジングビザとは、そもそもどういうビザですか?また、このビザの期間中に気をつけなければいけない事はありますか?

ブリッジングビザとは、オーストラリア国内でビザ申請をする方の現行ビザが切れた後、次のビザが承認されるまで有効なビザです。ブリッジングビザはAからEまで5種類が存在しますが、あくまでも申請されたビザの審査結果が出るまでの仮ビザです。 今回は特に皆さんも目にする可能性が高い、ブリッジングビザAとBをご説...続きを読む
2019/03/24

第30回 パースはワインでも有名ですが、ワインにはどんな美容効果があるのでしょうか?

赤ワインの美容効果として一番に挙げられるのが美肌効果。原料であるぶどうの皮から摂れる“ポリフェノール”は、抗酸化作用があり、体内の活性酸素を除去してくれると言われています。結果、肌にハリや潤いを与え、シワやシミなどを防いでくれるアンチエイジング効果が期待出来ます。中でも色の濃...続きを読む
NO IMAGE
2019/03/24

自然療法第3回:パースに来たばかりで、慣れない生活で緊張するせいか、お腹が痛くなる事が 多々あります。どのような対策をとれば良いでしょうか?

慣れない生活で緊張し、ストレスを感じて、過敏性腸症候群のようになっているのかもしれませんね。 副交感神経は、消化とリラックスをコントロールします。逆にFight or Flightと言われる闘争競争反応のように交感神経が優位な状態ですと胃腸器官の働きが弱まります。ストレスは交感神経を過剰に刺激するた...続きを読む
2019/01/20

第29回  オーストラリアで銀行開設をする場合、日本のマイナンバーが必要だと聞きました。なぜマイナンバーが必要なのでしょうか?

現在、オーストラリアの税務上の非居住者がオーストラリアで銀行口座を開設する際に、日本のマイナンバーを登録する必要があります。一般的に日本からの駐在員の方や留学生はオーストラリアの税務上の居住者になりますが、ワーキングホリデーの方はオーストラリアの税務上の非居住者に該当します。 2014年に、経済協力...続きを読む
2019/01/20

第27回 ワーキングホリデーの期間が3年に伸びたと聞きました。これまでと何が違うのか 詳細を教えてください。

2018年11月5日に、オーストラリア政府はワーキングホリデービザ(サブクラス417)の変更を発表しました。変更点は下記の通りです。 ① 2019年7月1日以降、2年目のワーキングホリデービザ保持中の方は指定された地方エリア (specifi ed regional area) で6ヶ月間の指定され...続きを読む
2019/01/20

第29回 年末年始でイベントが連日続き、普段よりも食べ過ぎてしまいました。 体の調子を整えるオススメの食事法やダイエットを教えてください。

急激に食べ過ぎてしまった時は、まず胃の調子を整え、カロリー摂取を控えましょう。 アルコール・甘いもの・油物・乳製品は控え、どうしても甘い物が食べたい場合は、果物・ドライフルーツ・蜂蜜などで代用します。 オススメなのは、プチ断食もしくは置き換えダイエット。1日3食のうち夕食のみ抜くプチ断食、または夕食...続きを読む
NO IMAGE
2019/01/20

自然療法第2回:海に行ったら、日焼けから火傷のような症状が出てしまいました。痛みを抑える ためにはどのような処理をすればいいでしょうか?

自然療法の日焼けの応急処置はハーブが活躍します。 まず何と言ってもアロエベラです。アロエの葉を縦に切って、内側の部分を患部に貼っても良いですし、硬い表皮の中のゼリー状の部分をくりぬいて、患部に塗っても良いですね。アロエがひんやりと熱を冷やしてくれます。アロエは鉢植えを家に置いておくか、庭に植えておく...続きを読む
NO IMAGE
2018/11/21

自然療法第1回:最近パースに来ました。日本との気温差が激しく、パースで体調を崩してしまいました。オーストラリアで手に入る自然由来の風邪薬の代わりになるものはありますか?

風邪を引くのは、免疫力が落ちている時ですから、免疫力を上げることが大切です。風邪の症状はまた、体の防御のメカニズムが働いている証拠なので、自然療法ではこの体の反応をサポートします。 温かいものを飲み、多く布団をかけて、汗をかくことで、熱を出すようにします。休息、睡眠、リラックス、瞑想などで副交感神経...続きを読む