生活相談

美容第25回 運動の前後で取り入れると良い食べ物は?

更新日:2018/05/25

ナチュラルライフを送るのにぴったりな街パース。海や川沿いにはランニングロードが完備され、ジムは24時間営業、公園が沢山ありジョギングやヨガなど適度な運動をする環境も整っています。

運動前に食事をとる時は、時間ごとに適した食事を選択すると良いでしょう。理想は始める際に消化が終わっていてかつ運動に必要な糖質(炭水化物)が取れている状態です。

<2時間以上前>
通常通りの食事(消化に悪い油物は避ける)

<1~2時間前>
油分控えめかつ糖質を含むおにぎりやうどん・サンドイッチなど

<30分~1時間前>
消化が良くすぐにエネルギーに変わるバナナやスムージーなど

自宅で作る用意がない時でも、パースにはBOOSTを始めとする ジューススタンドが沢山あるので、出先でも気軽に手に入れることが出来ますね。

運動後は筋肉の元となるタンパク質、運動によって減ってしまった糖質、疲労回復につながるクエン酸が含まれる食品を取り入れると良いとされ、具体例は玄米や酢飯(糖質)、お刺身、ツナ、豆腐、アボカドなど(タンパク質)、梅干しやレモンなど(クエン酸)。

上記の食材を一度に食べられるものとして個人的にオススメなのが最近パースでブームのハワイ料理”Poke Bowl(ポケ・ボウル)”。玄米や酢飯の上にお刺身や海藻、豆腐、サラダなどを乗せたもので、ドレッシングをかけていただきます。

家でも簡単に作れますし、シティにある”Ahi Poke”などの専門店で購入するのも良いですね。運動に合わせたバランスの良い食事で健康美を目指しましょう♪

各エキスパートへの質問やこのコーナーへの感想はお気軽にこちらまでどうぞ!


プロフィール写真

角田涼子
8年間の百貨店勤務を通してファッション・コスメ・フード等幅広いジャンルで美に携わり、その後日本でオーガニックコンシェルジュの資格を取得。 現在はエキスパースのオフィシャルブロガーとしても活躍中。