生活相談

IT第25回 Macにもセキュリティは必要

更新日:2018/05/25

一昔前に比べてMacBook AirやMacBook ProなどのMacパソコンが非常に人気です。Macは一般に安全と評されており、「Macはウイルスに感染しない」というイメージからウイルス対策を行っていないMacユーザーも少なくありません。しかし、最近ではMacを狙ったウイルスはたくさん存在しているのです。

Macを狙うウイルスは、ユーザーが望まない広告をしつこく表示する広告タイプが多いようです。ただ、最近はMacでもランサムウェアやオンライン銀行詐欺ツールなどの悪質なウイルスが確認されるようになってきています。
 
ネット利用者を不正サイトに誘い込み、情報や金銭をだまし取るネット詐欺は、Macだけでなく、iPhoneやiPadなどのAppleユーザーもターゲットになっています。Apple社を名乗るメールで「アカウントが一時的に無効になっています」などと呼びかけ、受信者をAppleのログインページに似せたフィッシングサイトに誘い込む手口が、昨年以降少しずつ手口を変えながら何度も確認されています。そこでApp StoreやiCloudなど、Appleのサービスの利用に必要なApple IDやパスワード、個人情報、クレジットカード情報を立て続けに入力させ、それらの情報を盗み出すのです。

MacでもWindowsと同様、ウイルス感染や不正サイトへのアクセスを防いでくれるセキュリティソフトを導入し、最新のソフトにアップデートしながら利用することが求められます。ウイルス感染やネット詐欺の被害を防ぐため、Macの基本的な対策を確認しておきましょう。

各エキスパートへの質問やこのコーナーへの感想はお気軽にこちらまでどうぞ!


プロフィール写真

平田恵
GITS International代表。パースの大学在学中からウェブ制作やPCメンテナンスなどを基盤とする事業を開始。現在はパースを拠点に日豪で企業から個人までのITサポートを幅広く展開する。