生活相談

自然療法第1回:最近パースに来ました。日本との気温差が激しく、パースで体調を崩してしまいました。オーストラリアで手に入る自然由来の風邪薬の代わりになるものはありますか?

更新日:2018/11/21

風邪を引くのは、免疫力が落ちている時ですから、免疫力を上げることが大切です。風邪の症状はまた、体の防御のメカニズムが働いている証拠なので、自然療法ではこの体の反応をサポートします。
温かいものを飲み、多く布団をかけて、汗をかくことで、熱を出すようにします。休息、睡眠、リラックス、瞑想などで副交感神経を優位な状態にすることでも、免疫力を上げることが出来ます。水、カフェインの含まれていないハーブティーやスープで水分を沢山摂ることも必要です。特に、生姜をスライスして入れるだけの生姜湯鶏や牛の骨を7時間以上煮て作られたボーンブロスがおすすめです。ボーンブロスはスープとして売られている他に、パウダーやペースト状になったものがヘルスフードショップなどで手に入ります。

風邪を引いている時は糖分を避けることが望ましいので、フルーツジュースよりも野菜ジュースが好ましいです。なぜなら、糖分はバクテリアと戦う白血球の働きを弱めるからです。亜鉛は免疫力には重要なミネラルです。私のクリニックでは、亜鉛のレベルをチェックすることも出来ます。

また、エキナセアやアンドログラフィスというハーブも免疫力を高め、風邪の期間を短くする効果があることが実証されています。これらのハーブはコンサルテーションの上、処方することが出来ますので、お問合せ下さい。風邪を引かれた時はぜひ今回ご紹介したことを取り入れてみて下さいね。また、日頃から免疫力を高めておくと風邪予防にもなりますよ。

各エキスパートへの質問やこのコーナーへの感想はお気軽にこちらまでどうぞ!


プロフィール写真

和田 美香
自然療法士、栄養士、西洋ハーブ療法士、ヨガセラピスト。腰痛に効く鍼治療が得意。15年以上に及び真の自然療法を追求しながら、マクロビオティックとマインドセットの大切さを伝えている。