生活相談

自然療法第4回:パースは日本と季節が真逆で、気候面でかなり異なると聞きました。 気候の急激な変化による体調不良を防ぐために良い予防策を教えてください。

更新日:2019/05/26

パースは日中かなり暖かくなりますが、特に秋冬の朝晩はとても冷え込みます。また、日本と季節が真逆なので、体調を崩しやすいですね。

免疫力が落ちていると体調を崩しやすいですから、まずは免疫力を上げましょう。免疫力アップに効果的なのは亜鉛です。亜鉛レベルは簡単にチェック出来ますので、ナチュロパス(自然療法士)にご相談下さい。免疫力にとっての大敵はストレスです。特に長引くストレスは、コルチゾールの分泌を増加し、副腎を疲弊させ、免疫力を下げますから、ストレスを溜めない生活を心掛けましょう。

栄養面では、たんぱく質をしっかり摂り、新鮮な食べ物をなるべく自然な状態のままで食べることも大切です。なぜなら、新鮮な丸ごとの食べ物は生命力に溢れ、栄養分が正しい配分で含まれており、免疫システムにとって有益だからです。

例えば、新鮮なオレンジと加工されたオレンジジュースを比べてみれば、その栄養価の違いは一目瞭然ですね。新鮮なオレンジには丸ごとの栄養分が含まれているのに対し、加工されたオレンジジュースは栄養分の内容が変わってしまっています。つまり、丸ごとの食べ物に比べ、加工された食べ物は、栄養分が損なわれた状態なのです。

体の毒素やミネラルバランスが崩れていると、免疫システムに影響します。体内の毒素とミネラルバランスは、毛髪によるテストによって調べることが出来、体内毒素はデトックスや食事によって減らすことが出来ますので、ナチュロパスにご相談下さい。

各エキスパートへの質問やこのコーナーへの感想はお気軽にこちらまでどうぞ!


プロフィール写真

和田 美香
自然療法士、栄養士、西洋ハーブ療法士、ヨガセラピスト。腰痛に効く鍼治療が得意。15年以上に及び真の自然療法を追求しながら、マクロビオティックとマインドセットの大切さを伝えている。