生活相談

自然療法第5回:パースで仕事が決まったのですが、同じ姿勢を保つことが多いのでむくみが 気になります。対処方法を教えてください。

更新日:2019/07/29

むくみは、血行やリンパの流れが滞っている証拠ですから、ストレッチをしましょう。仕事が一区切りした時や、30分ごとなど時間を決めるなど、定期的に行うようにすると良いでしょう。

むくみ対策に運動は大事です。パースは車社会で、歩くことが少なくなりがちなので、心掛けて歩くようにしてみてはいかがでしょうか?ビーチや湖、公園などで歩けば、良い気分転換にもなりますね。パースは平日でも朝や夕方、仕事前や後に運動したり、歩いたりしている人が沢山いますし、早朝仕事前にジムに行って運動することを習慣にしている方もいらっしゃいます。

足がむくむ時は、寝ている時やソファに座っている時に足の部分が高くなるようにしてあげると楽になりますよ。

マッサージをして体の循環を良くし、不純物の排出を促すこともむくみを減らすには効果的です。スウェディッシュマッサージはリンパの流れを良くすることが目的のマッサージで、同時にリラックスすることも出来るのでおすすめです。

マクロビオティックの考え方では、小豆がむくみにおすすめです。砂糖で炊くのではなく、少量の塩で炊いて食べるようにして下さい。

それでも、むくんでしまう方は、水分バランスやミネラルバランスが崩れている可能性もありますね。その場合は、食事やサプリメントなどで調整することが出来ます。ミネラルバランスをチェックするには、髪の毛を使って出来るテストで、簡単に行うことが出来ますので、ナチュロパスにお問い合わせ下さい。

各エキスパートへの質問やこのコーナーへの感想はお気軽にこちらまでどうぞ!


プロフィール写真

和田 美香
自然療法士、栄養士、西洋ハーブ療法士、ヨガセラピスト。腰痛に効く鍼治療が得意。15年以上に及び真の自然療法を追求しながら、マクロビオティックとマインドセットの大切さを伝えている。