生活相談

VISA第8回 卒業生ビザ(Temporary Graduate Visa-S485)について

更新日:2015/11/20

今回のコラムではSubclass 485 – Temporary Graduate Visa- 、通称「卒業生ビザ」の簡単な説明をしたいと思います。卒業生ビザとはオーストラリアの大学や専門学校を卒業後にオーストラリアでの永住を目指す方が職業経験を積んだり、スポンサーになってくれる企業を探したりと、学校卒業後の可能性を広げることが出来るビザです。

卒業生ビザの申請をするにあたって以下の条件を満たさなければなりません。
• 50歳以下
• 現在有効なビザの保持者
• Diploma以上の学位が取得できる2年以上のコースを修了
• コース修了から6ヶ月以内
• IELTSの得点が6.0以上(オーバーオールでOK)

卒業生ビザは大きく二つのカテゴリに分けられています:
① Graduate Work Stream
② Post Study Work Stream

①Graduate Work Streamの卒業生ビザを申請する場合はSkilled occupation list(SOL) と呼ばれる職業リストに載っている職業に関連するコースを修了している必要があります。 卒業生ビザを取得すると、18ヵ月の滞在期間が認められます。
②Post Graduate Work Streamの卒業生ビザはBachelor以上のコースを修了していることが必要条件です。更に2011年11月5日以降に初めてオーストラリアの学生ビザを取得した方のみが対象ですので注意が必要です。

ビザ申請の準備は最低1~2ヶ月を要します。今学期でコースを修了する方は、出来るだけ早めの準備をお勧めします。

各エキスパートへの質問やこのコーナーへの感想はお気軽にこちらまでどうぞ!


プロフィール写真

Filippo Pellegrino
9年間にわたる国際教育で得た移民の知識を活かし、Migration Agentの資格を取得、2012年にModern Migration Australiaを設立。現在は企業、個人を問わず、西豪州を中心にビザコンサルタントとして活躍。