生活相談

VISA第28回 ブリッジングビザとは、そもそもどういうビザですか?また、このビザの期間中に気をつけなければいけない事はありますか?

更新日:2019/03/24

ブリッジングビザとは、オーストラリア国内でビザ申請をする方の現行ビザが切れた後、次のビザが承認されるまで有効なビザです。ブリッジングビザはAからEまで5種類が存在しますが、あくまでも申請されたビザの審査結果が出るまでの仮ビザです。
今回は特に皆さんも目にする可能性が高い、ブリッジングビザAとBをご説明します。

【ブリッジングビザA Bridging Visa A (以下BVA)】
BVAはオーストラリア国内でビザを申請すると、自動的に発行されるもので、新たなビザ申請が有効であると移住省が判断した場合、現在保持しているビザの終了と同時に有効となります。
例えば、学生ビザでオーストラリア滞在中に卒業生ビザを申請した場合、まずBVAが発行されます。お持ちの学生ビザの有効期限が切れるとBVAに切り替わり、卒業生ビザが認可となるまで有効となります。
また、一部を除きブリッジングビザの就労や就学条件は、それまで保持していたビザの条件を引き継ぐ形になります。注意点としては、BVAでオーストラリアを出国した場合、再入国ができません。その為新しいビザ申請中に、出国・再入国を予定している方は、ブリッジングビザBを申請する必要があります。

【ブリッジングビザB Bridging Visa B (以下BVB)】
BVBは、BVA保持者がオーストラリアを出国する際必要になります。BVBを取得するには出国理由が必要になり、一度発行された場合、旅行期間の変更や延長は認められません。
申請状況により、BVAがすぐに有効とならないケースもあるため、オーストラリア国内でのビザ申請の際はお持ちのビザの有効期限が切れる約10日前には申請を終えられるよう、余裕を持ってご準備ください。

各エキスパートへの質問やこのコーナーへの感想はお気軽にこちらまでどうぞ!


プロフィール写真

人見将太
東京の武蔵野市で生まれ、1歳の時にパースに移住。2013年マードック大学法学部卒業。2014年より移民コンサルタントとして活躍。現在は弁護士資格を取得し、法律事務所Corser&Corserに勤務。MARN番号1466642。