生活相談

美容第24回 履歴書以外に必要な書類って?

更新日:2018/04/04

オーストラリア留学の大きな魅力の一つは、アルバイトが合法で時給が高く、職歴としても活かせる事ですよね!お仕事探しにあたって、多くの履歴書の作成サポートをさせていただいていますが、Cover Letter(カバー・レター)Reference Letter(リファレンス・レター)について良くご質問いただきます。

Cover Letterは履歴書の他に、手紙形式で履歴書に書ききれない、表現しにくい事、志望動機なども含めて自己アピールをするためのレターです。Reference Letterは、今までの勤務先の直属の上司や、それ以上の役職にあたる人が、達成事項、人格、それ以外の優秀さなどを推薦してくれるためのレターとなります。隣でコラムを書いてるグリンプスの岡はパースで人種問わず、最も多くの履歴書を見てきた日本人だと思いますが、彼曰く、Cover LetterとReference Letterは全員が必ず書かなければいけないものではない、と判断しています。

オーストラリアで仕事はプロがするもので、どこの大学を出て、どこの会社で働いていた人だから優秀か否かを判断する傾向のある日本とは基準が異なります。それゆえ基本的には履歴書で、どういった役職で、どういった仕事を経験してきたかを具体的に伝えていることがまず重要となりますし、そこでアピール出来ることが理想的です。

しかし、新卒の方やオーストラリアでの職歴が浅い方は、それぞれCover LetterやReference Letterを用意することで、補助的なアピールになる事はあり得ます。特に新卒の方は職歴が積みにくい分、Cover Letterでしかアピール出来ないことも多いため、今の精一杯の想いをレターにつづって下さい。まだ実績はなくとも、想いと将来性が感じられればチャンスをくれる人が多いのもオーストラリアの魅力です。

各エキスパートへの質問やこのコーナーへの感想はお気軽にこちらまでどうぞ!


プロフィール写真

熊谷美佳
TAFEでDiploma of Graphic Designを履修。現在は留学エージェントのACC(オーストラリア・キャリアセンター)でカウンセラーをしながら、Webを含めたデザイナーとしても活躍中。