生活相談

美容第26回 留学を日本での就職に活かしたいと思っています。 日本企業が留学経験者に望んでいることはどんなことですか?

更新日:2018/07/25

新卒の場合は、あまり海外に影響を受けすぎていない印象を持ってもらう事が大切です。大手企業の人事担当者の大多数は留学未経験者。留学が一般化してきたとは言え、まだまだ留学経験者は少数派です。民主主義の考えが強い日本社会にて、少数派となった際は反対側の多数派への配慮や寄り添いが求めらることが多いです。留学した、という体裁よりも、こんな経験が出来て良かったという具体的なエピソード、話し方などで親近感や魅力をもってもらい、評価が崩れないようにアピールしましょう。

英語力はTOEIC900点を超えると、ほぼどんな業界でもプラス評価は間違いないです。700点台から評価してもらえる業界は多数存在します。

転職の際は、留学を経験してどんな分野のプロになれているかのアピールが大切です。日本は先進国の中で唯一英語がスキルとして評価される国と称される程、まだ英語だけでも就職に繋がる機会はあります。

でもそれも東京オリンピックまでという見方は強く、今後は欧米と同じ、専門性を明確にもっている人材が生き残れる社会になっていく可能性が高いです。専門学校、大学に進学された方は、会社側が求める人材像と、自分の専攻や留学経験がどう繋がるかを具体的に準備しておくことがキーです。

転職は人柄の相性も出やすいですが、それは、より自分にあった環境で活躍できるチャンスと捉え、幅を広めに応募されることをおすすめします。

各エキスパートへの質問やこのコーナーへの感想はお気軽にこちらまでどうぞ!


プロフィール写真

熊谷美佳
TAFEでDiploma of Graphic Designを履修。現在は留学エージェントのACC(オーストラリア・キャリアセンター)でカウンセラーをしながら、Webを含めたデザイナーとしても活躍中。