生活相談

美容第28回 パースならではの学部やコースはありますか?

更新日:2018/11/21

パースならではと言えば、やはり資源系の学部になるでしょう。“Mining(マイニング)”という言葉を耳にした事がある方も多いはず。一口にMiningと言っても中身は様々。そもそも語源はダイナマイトを意味する“Mine”から来ています。ダイナマイト使って掘り当てるような事は大抵Miningに該当するという訳です。

その中でも“Oil&Gas(オイル&ガス)”“Iron Ore(アイアン・オーア)”と呼ばれる鉄鉱石はオーストラリア国内ではパースのある西オーストラリア州で最も採れる資源です。「西の鉄鉱石、東の石炭」と中学校の地理で聞いた覚えのある方もいるのでは?

このMiningを専門的に学べるのもパースの大学の魅力です。またこのMiningのプロジェクトの承認を国から得るにあたり、環境への影響を審査するような環境専攻があるのも大きな特徴でしょう。“資源が無い国だからこそ製造業で栄えた”、と言われる日本です。私もパースに来るまでは資源には無関心でした。でもその資源のメッカであるパースは、日本と真逆の世界。資源こそお金になる仕事の筆頭である、という認識なのがパースです。アラブの石油王なんていいますが、パースの液化天然ガス(LNG)も負けず劣らずなんですよ。

獣医になりたければパースのマードック大学、というのは全豪でも有名です。他だと農業もパースらしい専攻です。日本と取り組み方も大きく異なりますし、農業をビジネスとして捉えている点も興味深いと思います。日本の小麦と塩って、かなりの割合が実はパース産なんです。パース自慢に是非使ってください!

各エキスパートへの質問やこのコーナーへの感想はお気軽にこちらまでどうぞ!


プロフィール写真

熊谷美佳
TAFEでDiploma of Graphic Designを履修。現在は留学エージェントのACC(オーストラリア・キャリアセンター)でカウンセラーをしながら、Webを含めたデザイナーとしても活躍中。