生活相談

美容第30回 オーストラリアで学生ビザで留学をする時には、保険に入るのが必須と 聞きましたが、どんな保険に加入するのですか?

更新日:2019/03/24

オーストラリアで学生ビザで滞在する場合、必ずOSHC(Oversea Student Health Cover)と呼ばれる、オーストラリアの保険会社が提供する留学生保険に入る事が義務付けられています。簡潔に言えば、OSHCに加入していないと学生ビザは下りません。

OSHCは1ヵ月約$47の費用で、学校のコース期間だけでなく、オーストラリアに滞在する期間全てをカバーする必要があります。OSHCの加入期間が短かったばっかりに、認可された学生ビザの期間も短くなってしまった、という方もいるので注意が必要です。

OSHCへの加入は、学校の入学手続き時にそのまま無料で学校が手配してくれることがほとんどです。自分でも手配出来ますが、上記の通り加入期間など注意点もあるため、現地留学エージェントに学校の手続きと併せて依頼すれば大抵無料で対応してくれるので、無理にリスクを背負う必要はないです。保険内容も保険会社が変わってもさほど差はありません。唯一、お住まいのエリアによってはその保険会社が対応していない事が稀にありますのでご注意ください。

ワーホリの時は年間20万円以上払って海外保険に入ったのに、OSHCは年間$600弱(日本円で約5万円)で大丈夫なのか?と思われる方もいらっしゃると思いますが、多くの方はOSHCだけで十分です。歯科は対応でないこと、GPと呼ばれる一般診療では3~4割程度の自己負担はありますが、緊急手術や入院等もカバーされており、必要最低限以上は賄っている優秀な保険だと思います。

実際、永住権を取ってから同じカバー内容の保険に入ろうと思うと、費用は3倍以上はすることがほとんどなので、OSHCはオーストラリアに留学する人の保険特権、と言えるでしょう。

各エキスパートへの質問やこのコーナーへの感想はお気軽にこちらまでどうぞ!


プロフィール写真

熊谷美佳
TAFEでDiploma of Graphic Designを履修。現在は留学エージェントのACC(オーストラリア・キャリアセンター)でカウンセラーをしながら、Webを含めたデザイナーとしても活躍中。