モス•ウッド
Moss Wood

完全予約制の職人ワイナリー

Moss Woodは見学が完全予約制となっている、知る人ぞ知るワイナリー。他のワイナリーより少しお値段は張りますが、それもそのはず。数々のワイン賞を受賞し、パースのみならずオーストラリアのワイナリーとして世界的にも有名。特にここの赤ワインは国境を越えてファンが多く、遠方からわざわざ足を運ぶ人もいるとか。今回はワインの製造過程も含めて、オーナー夫婦のKeithさんとClairさん、フランスから来ているスタッフのJessicaさんに案内してもらいました!

Moss Woodはセラー・ドアやレストランなど、いわゆるお客様が訪れる特別なスペースは設けておらず、その分ワイナリーの内側を覗くことができます。

まず最初に試飲させていただいたのが、樽の中で発酵中のChardonnay。このままでも十分おいしい…と普通に飲んでしまいました(笑)。工場の奥にはコンピューターやシリンダー、ワインの発酵状況などを図る特別な機械などが溢れていて、おいしいワインを作るための絶え間ない努力と探究心を垣間見させていただきました。

数カ所にわかれた貯蔵庫の中には、大きな樽が所狭しと置かれ、1年中室温を一定に保ち、ワインを貯蔵しています。長い歴史を持つMoss Woodですが、なんと今回は創業間もない頃である、1973年のヴィンテージワインを見せていただけました!生でヴィンテージワインを見るのが初めてで、思わず興奮してしまいました(笑)。

ワインの種類に応じて、ぶどうの味が最大限活かされる製造方法にこだわり、規模よりも質にこだわって作られているワイン達。
どのワインが一番おすすめですか?と伺ったら、自分の子供達に順番はつけられないよ、とのこと。

ワイン作りへの真の愛情を感じた瞬間でした。

エキスパースYouTubeチャンネルでパースの日常を大公開中!