月別アーカイブ:2017年05月

特集

アイススケートで パースの冬を楽しもう!

2021/7/14  

雪の降らないパースでもアイススケートをガッツリ楽しめる!屋内アイススケート上だから、1年中季節や天気を問わずOK。キッズ向けのイベントはもちろん、夜はカラフルなライトとDJミュージックでガラッと雰囲気が変わり、誰もが楽しめるエンターテイメント性の高いスケート場です。

カフェ

ペンゴズ•カフェ

2021/7/14  

地元の人にも愛される、海辺の人気観光スポットのカフェ。 ペンギン•アイランド行きのフェリー乗り場のすぐ近くにあるのがPengo’s Cafe。海辺の街にピッタリな、おしゃれなデザインのカフェでいただけるのは、ヘルシー&エコがコンセプトのフードやドリンク達。 観光スポットのカフェというと、どちらかと言えばファーストフードのようなものをイメージする方も多いのでは?Pengo’s Cafeはそんなイメージを吹き飛ばすほど、インテリアや食材をこだわり抜いていて、観光客はもとより地元のお客さんにもたくさんのリピーターが。 また、コーヒーカップからバッグ、ストローまでリサイクル可能なものを使っていて、ペンギン・アイランドの「エコ・ツーリズム」のコンセプトをカフェでも徹底しています。

動物

レンジャー•レッズ動物園

2021/3/9  

動物を身近に感じられるローカル動物園 パースの南に位置するレンジャー•レッズ動物園は派手さはないものの、ローカル感が溢れる、リラックスした雰囲気が特徴の動物園。入り口ではオウムが「Hello!」と迎えてくれ、園内に入るといたるところでクジャクが自由に歩き回っているます。7エーカーの敷地の中にたくさんの種類の動物がいて、1日の中で様々な動物とのふれあいイベントを用意しています。 カンガルー Kangaroo ここで出会ったのはWestern Grey Kangarooという種類の生後約11ヶ月のロミオとジュリエット♪救助された2匹は人懐っこく、ミルクを一生懸命飲んでいる姿が可愛くってたまりません♡笑 大人のカンガルー達は気持ち良さそうにゴロゴロしてました。笑 コアラ Koala みんな大好きコアラは、ちょっとシャイなアシュトンくん。木の上でお休み中でした。涼しい時間の方がアクティブになるので、早朝か夕方に訪れてみて! ウォンバット Wombat Common Wombatのマチルダちゃん。穴の中にいることが多いので、朝のゴハンの時間の方が会える確率アップ?! タスマニアン・デビル Tasmanian devil レンジャー•レッズ動物園ではタスマニアン・デビルの飼育に力を入れていて、西オーストラリア州で最も多い11匹を飼育しています。 ディンゴ Dingo レンジャー•レッズ動物園のディンゴはとってもフレンドリーで、特に飼育員さんが来るとすぐに寄ってきます♪見た目はほとんど犬と変わらないディンゴはオオカミの1種とも言われています。 カラフルな鳥たち Birds 鳥専用のドームの中に入ると、カラフルで鮮やかな鳥たちの元気な声が聞こえてきます。こうやって手や肩の上に乗って来るので、餌をあげたり、撫でてみたり、癒しの時間を過ごせます♡

動物

パース動物園

2021/7/14  

パースで一番アクセスしやすい動物園 パース市内中心部からすぐの場所にありながら、41エーカーもの広さを誇るパース動物園。オーストラリアならではの動物はもちろん、ライオン、キリン、ゾウなど世界各国の動物が見れるのも魅力。飼育員自らが各動物について説明するセッションが多く設けられ、動物の生態について楽しく学べます。園内には広い芝生エリアもあるため、ピクニックも◎。 カンガルー&ワラビー Kangaroo & Wallaby 園内の「オーストラリア動物」ゾーンを自由に動き回るカンガルー&ワラビー。 クォッカ Quokka パース動物園のクォッカは、オーストラリア本土出身。ロットネスト島のクォッカと比べて毛の色が少し濃いのが特徴。※飼育員さんによる「クォッカ・トーク」でさらに詳しく知ることができます! コアラ Koala パース動物園には4頭のコアラがいて、2.30pmからはエサの時間と同時に、飼育員からコアラの生態についての詳しい説明を聞くことができます。 ウォンバット Wombat ちょっと恥ずかしがり屋さんなので見れたらラッキー! タスマニアン・デビル Tasmanian devil 体は大きくないものの、有袋類の中でも珍しい肉食で、骨まで砕いてしまう鋭い歯と頑丈な顎を持っています。食べ物のためには仲間同士でも闘います。 その他の動物たち Other Animals 上記で紹介したオーストラリアならではの動物以外にも、キリン、サイ、ライオン、シマウマなど動物園と言えば!という世界中の動物たちにもしっかり会えますよ!

動物

コフヌ•コアラ•パーク

2021/1/21  

西オーストラリア州で唯一コアラを抱っこできる場所 パースから内陸へ車で約40分の場所にある、コンパクトな動物園。西オーストラリア州で唯一コアラを抱っこできる場所として、地元の人にも人気があります。 取材当時で13匹のコアラが園内にいて、7月からは5匹の赤ちゃんたちもお披露目予定! オープン直後の10時頃はコアラたちの朝食の時間なので、アクティブなコアラが見れます!3時頃にもう一度ご飯タイムがありますよ♪ 寝姿も可愛い♡♡♡ もちろん編集部もコアラを抱っこさせていただきました♡今回抱っこさせてもらったのはとってもキュートなEllaちゃん(3歳)♪抱っこされるのが大好きで、すぐに腕の中にすっぽり収まってしまう姿にメロメロ。笑 この副編集長Mikaの笑顔が全てを物語っています(笑) 他にも、オーストラリアと言えば、のカンガルーとワラビーもいて、餌もあげられますよ!お母さんのお腹の中に入りたい、甘えん坊な赤ちゃんも発見♪ ※カンガルーとワラビーの違いは??どちらも同じカンガルー科に分類される有袋類の動物で、生物学上の違いはなく、大型種を「カンガルー」、小型種を「ワラビー」と呼んでいます。 コフヌ•コアラパークのもう一つの大きな特徴として、クジャクやエミュー、豚、ロバなどのたくさんの動物が園内を自由に歩き回っていること。こんなに動物たちに触れ合えるなんて!と動物大好き編集部はとっても嬉しかったのですが、観光地として綺麗に整備してある!という感じは少し薄いかもしれません。でもローカル感と動物と触れ合える自由度は120%!です。 広い敷地を自由に行き来する動物たち。 日本ではなかなか体験できない自由な動物園をぜひご家族やお友達と体験しに出かけてみてくださいね。

動物

カバシャム•ワイルドライフパーク

2021/7/14  

オーストラリアならでは動物を身近に感じられる、ふれあい型動物園 パースで最も古い動物園の一つがこのカバシャム。動物とのふれあいを大事にしていて、園長のDavidさん自ら訪れた人に気さくに話しかけて、困ったことがあれば丁寧にサポートしてくれる、パースらしさがギュッと詰まった動物園です。 カバシャムは、パース空港から車で約15〜20分で到着でき、観光地として人気のスワンバレーエリアにあります。入場料金を支払えば、追加料金なしでカンガルーへの餌やり、コアラやウォンバットとの写真撮影ができちゃいます。 この動物たちのふれあいがすごく楽しいし、癒しになります♡パースらしさを感じられるカバシャムは何度訪れても飽きないので、ぜひたくさんの思い出を作ってくださいね。 コアラ Koala コアラと触れ合えるショーが1日に複数回開催されているので、ぜひ訪れてみて!フワフワのコアラの背中に触れます♡ 実は生息地によって体の大きさや毛など少しずつ違う特徴があるコアラ。ショー以外にも、たくさんのコアラがいるので、探してみてね! カンガルー Kangaroo カバシャムのカンガルーは動物園で育ったものも多く、人に慣れていて、餌をあげながら体を撫でたりしても大丈夫♪とってもキュートなカンガルーがたくさんいるので、そっと近づいて餌をあげてみてくださいね。オススメの時間帯は朝。太陽を避けたがるので、曇りの日の朝は特にアクティブなカンガルーが見れちゃう!昼間は寝ていることが多いです。 珍しいホワイトカンガルーもたくさん見れる!メインで食べるのは草だけど、ニンジンが大好き♡ おもしろ写真も撮れちゃうかも?!この子は編集部の携帯をチェック中。笑 クォッカ Quokka クォッカと言えばロットネスト島ですが、カバシャムでも会えます!編集部は寄り添って眠るこーんなに可愛いクォッカを発見♡ ウォンバット Wombat ウォンバットのこのずんぐりむっくり感がたまらない♡笑 ウォンバットは朝の時間が比較的アクティブで、カバシャムではウォンバットと一緒に写真が撮れるのでショーの時間に訪れるのがオススメ。写真撮影の時はスタッフの方がウォンバットを抱っこして、足なら触ってOKです。 ポッサム Possum コアラやカンガルーと同じ有袋類で、夜行性のポッサム。生息地によって種類が分かれ、毛の色なども違います。こちらもウォンバット同様、ショーの時間に一緒に写真撮影ができますよ♪ その他にも、西オーストラリア州の旗でおなじみのブラックスワンや、カラフルな鳥たち、ペンギン、ディンゴなどたくさんの動物たちとの出会いを楽しんでくださいね!取材にご協力いただいた、園長のDavidさん、ありがとうございました! Unique Australian animals await you!オーストラリア固有のユニーク&キュートな動物たちが待ってるよ♪

動物

スワンバレー・カドリー・アニマル ・ファーム

2021/1/21  

身近な動物たちと思いっきり触れ合い体験♡ 人気観光地スワンバレーにあるアニマルファームは、傷を負っていたり、親のいない動物たちを保護する目的で10年前にスタートしました。ヤギや羊、アルパカ、馬、豚などの牧場で会える動物たちをメインに、カンガルーやエミューなどのオーストラリアらしい動物にも会えます。ほとんどの動物エリアに入って動物たちと至近距離で触れ合えてしまえる動物との近さは驚くほど。小さなお子さん連れにもオススメです♪ 赤ちゃんヤギにミルクをあげる体験もできて、子どもたちが大喜び間違いなし♪ オーストラリアならではの動物、エミューもかなり至近距離で会うことができ、メス特有の「ボン、ボン」というドラム音のような鳴き声もはっきりと聞くことができます。

自然•公園

ハーズマン湖

2021/1/15  

たくさんの野鳥に会える穏やかな湖  パースから比較的近い場所にあるハーズマン湖は、地元の人のウォーキング&サイクリングスポットでもあります。ブラックスワンを始めとして、たくさんの野鳥にも出会えます。 湖の周りはとても広いので、1周歩くと約2時間かかりますが、素晴らしい景色を見ながらのエクササイズは良いリフレッシュになりそうです。

自然•公園

ヤンチェップ国立公園

2021/7/14  

コアラに出会える♡国立公園 パースより車で約1時間北に走った場所にあるヤンチェップ国立公園。住宅地としての開発も進み、人口も増えてきたヤンチェップは美しいビーチでも有名です。 ダラーンと投げ出された足が可愛すぎるのんびりコアラ♡ コアラ•ボードウォーク(Koala Boardwalk)というユーカリの木に囲まれた280mのウォーキングエリアにコアラが生息しています。高い場所にいることが多いので、よーく探してみてくださいね♪ 国立公園の中ではアクティブに過ごすのがオススメ 国立公園内にビジターセンターがあるので、広い敷地内に何があるのか、丁寧に教えてもらえます♪ 国立公園内ではコアラの他にも野生のカンガルーが見れたり、宿泊施設やカフェ、キャンプ場、ゴルフ場、ウォーキング•コースなど、大自然を満喫できる施設が充実しています。中でもクリスタル•ケーブ(Crystal Cave)という鍾乳洞ツアーは特におすすめ。約45分のツアーで初めて鍾乳洞に入る人にも分かりやすく説明してくれます。日本の鍾乳洞とは一味違った雰囲気で、国籍問わず大人気! お立ち寄りスポット:ヤンチェップ•ラグーン 国立公園の近くには、美しいビーチもあります!小さなお子さんも安心して遊べるビーチでは、スノーケリングなどのマリーンスポーツも楽しめますよ♪ 詳しく見る

© 2021 experth エキスパース