月別アーカイブ:2016年01月

レストラン

ロックプール・バー&グリル

2021/2/17  

オーストラリアの食の巨匠が手がける、心に刻まれる味覚の記憶。 重厚感のあるエントランスをくぐると、キャンドルに灯された廊下にはロックプールこだわりの熟成肉の数々がズラリ。ダイニング空間も棚田にともる蛍のように灯りが配置され、非日常空間を演出してくれます。 パースの中で高級なレストランと聞かれて、Rockpoolをまず頭に思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。出かける瞬間からいつもと違う気分なのは、ドレスアップをしているから?カジノのあるCrown Perthの顏ともなっているRockpoolは、不要なものは全て削ぎ落とされた上質な空間と、モダン・オーストラリア料理を確立してきたNeil Perry氏の哲学が行き渡った料理でゲストをもてなしてくれます。 他ではなかなか見れない巨大なオープン型キッチンは、Rockpoolの規模の大きさと料理へのこだわりを魅せてくれます。 Neil氏が追求している、「オーストラリアで入手できる最高級の食材を、素材本来の強さや旨味を引き出し、できるだけシンプルに調理する」という考えが行き渡った料理は、驚く程にナチュラル。お肉料理なのに脂っこさを感じずに旨味だけが舌に残り、数皿を食べても重さを感じません。オーストラリアを中心に世界中から揃えた1000種類以上のワインとともに、時間をかけて特別な時間を満喫することができます。 Rockpoolを訪れるなら、思いっきりドレスアップをしてオシャレを楽しみつつ、Crown Perthのラグジュアリー空間に浸りたい♪その日1日をエスコートしてくれるスタッフとの会話を楽しみながら、食とワインの知識を吸収するのも大人の過ごし方ですね。

レストラン

ビブ&タッカー

2021/7/14  

海を眺めながら楽しむ、本格モダンオーストラリア。 オーストラリアを代表する元水泳オリンピックメダリストのEamon Sullivan氏が手がけるビーチサイドレストラン。テラスからレイトンビーチの景色を楽しめる抜群のロケーションです。料理は地元の食材を使ったモダンオーストラリアスタイルで、シンプルかつ上質で美しくあることを追求した本格派。 ヘッドシェフのScottさんは10年間料理修行のために日本をはじめアジア・中東・ヨーロッパ各国を渡り歩いたという研究家。料理への情熱は現在も尽きることなく、最近では自らレストランの屋上を使ってはちみつの養蜂を始め、デザートメニューに取り入れたというこだわりぶり。その日に採れたばかりのはちみつは、甘さが控えめなナチュラルな味。妥協のない食への探究心が生みだす上質な料理の数々が美しい景色と相まって、まさに特別な日にふさわしい空間となっています。 ルーフトップで作られたはちみつは購入も可能! 海の見えるテラス席はもちろん、屋内席もオシャレで素敵! デザートプレートへのメッセージサービスはもちろん、ディナータイムにはオープンキッチンでのファイヤーパフォーマンスが楽しめます。誕生日や記念日などお祝い事にも持ってこいですよ!

レストラン

フレーザーズ・キングスパーク

2021/7/14  

パースのオアシス・キングスパークだからこそできるおもてなし キングスパークの景色が一望できるようにとラウンド型に設計されたFraser’s。誰もが一度は目にし、いつかは来てみたいと憧れている場所なのではないでしょうか? 雲の動きに合わせて和やかな時間が流れるランチから、自然と夜景が調和するディナーまで、キングスパークの四季折々の自然に守られて、一瞬たりとも同じ表情を見せることのないレストランです。 ヘッドシェフのRhysさんが「オーストラリア料理は、常に近隣国の影響を受けて洗練されてきた」と語るように、ここでのレシピは、積極的に他国のスパイスや食材を取り入れたモダンなもの。それらをWA産の新鮮な食材と合わせて、できるだけシンプルに仕上げています。650種類ものワインリストの中にはWA産が300種類もリストされ、地産地消への想いが行き届いています。 こだわり抜いた一皿と、さらに味わい豊かにするワインをお共に優雅なひと時を。 今回取材にご協力いただいた、ヘッドシェフのRhysさんとレストランマネージャーのWilliamさん、ご協力ありがとうございました! ゆっくり楽しんでいただけるよう、ぜひご予約の上お越しください。食事の後は併設するBotanical Caféのティータイムでキングスパークを楽しみ尽くすのもおすすめですよ。

レストラン

オーシャンズ•ジャパニーズ•レストラン

2021/3/17  

「これ食べたかった!」を叶える懐かしい味 パースの港街フリーマントルにお店を構えるオーシャンズは地元の人から根強い人気を誇る日本食レストラン。ランチやディナー用にテイクアウトしていくお客さんも多いんだとか。日本食が恋しくなった時はぜひ訪れてみて。 チキンカツ丼 (Chicken Katsu Don)テーブルに運ばれた瞬間から香ばしさ漂うカツ丼は、出汁が合わさった極旨タレが決め手。日本人好みの半熟卵がジューシーな鶏肉を優しくコーティング♪ぺろりと完食できる洗練された技が光ります。

レストラン

ザ・パルティザン

2021/7/14  

パースの街中で、異国の雰囲気を満喫させてくれるレストラン兼カフェ シティからイエローキャットで約15分のClaisebrook Coveにあるレストラン兼カフェ。ヨーロッパ調の高級住宅街に調和するように、川辺に彩りを沿えています。 夜はライトアップと共にロマンチックでラグジュアリーな雰囲気が強くなりますが、肩肘はらずに訪れやすいフレンドリーな雰囲気とカジュアルにも楽しみやすいフードメニューが嬉しい! 種類豊富なワインや季節ごとに変わるビールとマッチするたくさんのフードをお楽しみください♪ 朝やランチタイムはカフェとしての雰囲気が強く、編集部も愛犬を連れてよく訪れる場所でもあります。お食事の前後で、クレイズブルック•コーブ、ビクトリア•ガーデンズ、マタガラップ•ブリッジなどの絶景スポットも訪れてみてくださいね。

レストラン

ザ・ショアハウス

2021/7/14  

スワンボーンビーチを一望出来る、絶景レストラン  コテスロービーチから2km南に位置するスワンボーンビーチ沿いに佇むカジュアルダイニング。2015年にオープンして以来、スワンボーンビーチをすぐ近くに眺めながら食事が出来る唯一のレストランでもあります。 ビーチからそのまま裸足で入れる程近くにある店内は、テラスや窓から射し込む日差しと海風を感じられるリラックス空間。白とブルーを基調としたインテリアに、黄色のパラソルが印象的なマリーンテイストで統一されています。朝食からディナーまで休みなくオープンしているので、時間を気にせず好きなタイミングで立ち寄ることが出来るのも嬉しいですね。 朝食でオススメなのはキャラメリゼされたバナナとクリームが乗ったふわふわのパンケーキ。散りばめられたマカダミアナッツが良いアクセントに。 地元の旬な食材にこだわった料理を手の届きやすい価格のアラカルトメニューで提供していて、スタッフもとってもフレンドリー。時間を忘れて、本格的な味とスペシャルな空間を楽しめます。人気メニューは、ビーチサイドハウスらしい新鮮な魚介類を使ったローフィッシュやグリル。美しいプレゼンテーションも魅力の一つです。 特別な日は朝からいつもとは違う景色で一日を始めたい!そんな方は、ゆっくりとテラス席で朝食を楽しんだ後にビーチを歩いたりひと泳ぎしてみて。ビーチに沈む夕日を眺めながらのディナーもオススメで、思わず素直な気持ちで大切な人との時間を過ごせるはず♪

レストラン

津波 居酒屋&鉄板焼きバー

2021/2/17  

厳選されたお酒と和食のマリアージュ。五感で味わう至福の時間。 カウンター越しに目の前で鉄板焼きコース($42〜)が提供される「Tsunami Ko」。隣接する「Tsunami」ではテーブル席でアラカルト•スタイルの日本食とお酒がいただけます。 特別な日の食事は洋食をチョイスしがちですが、趣向を変えて鉄板焼きディナーとお酒を味わう夜はいかがでしょうか。Mosman Parkの一角にあるTsunamiは、外からは想像がつかない程日本らしく、そして華やかな世界が広がっています。取材日も平日だというのにほぼ満席状態。地元の人たちにも憧れのレストランとして知られています。 鉄板焼きコースをいただけるTsunami Koでは、”カンカンカーン”とコテの音が、シェフの素早い動きとともに店内に響き、シーフードやお肉のジューシーな音があがるところを間近で堪能できます。食材に火が入ってくると徐々に美味しい香りが漂い、まさに見た目、音、香りなど五感使って味わう至福の時間です。 食事とともに味わいたいのが、オーナーさん自ら日本で買い付けた、各地の日本酒。利き酒師のスタッフが好みや食事に合わせて、50種類以上の日本酒の中からその日の一本を選んでくれます。

レストラン

マチルダ・ベイ・レストラン 

2021/2/17  

開放的な非日常空間でもてなす、ラグジュアリーレストラン パースが誇る名門、西オーストラリア大学(UWA)があるMatilda Bayに一軒だけ静かに佇む、独立型のブティック•レストラン。都市機能が発展してきたパースに47年もの時を刻んでいます。 ここが特別な一日にふさわしい理由は、目の前に広がる湾を独り占めできること。手前に広がるヨットハーバー、その奥に見える高層ビルやキングスパークを眺めながら優雅な食事が楽しめます。大きく開かれた窓からは、鳥のさえずりや水の輝きを体で感じることができ、運が良ければイルカが目の前まで来てくれることも。 料理は一つひとつシェフが丁寧に作っていることがわかる、繊細な味わい。自然に囲まれた贅沢な時間とともにぜひ味わいたい一皿ばかりです。 レストランエリアに広がるガーデンをゆっくりと散策した後に食事をすると、より一層自然と一体になった時間が楽しめるはず。食後はバーカウンターで一杯、というのも素敵ですね♪バレンタインデーなど特別な日限定のコースもあるので、ウェブサイトで確認してみて!

レストラン

シー•レストラン 

2021/2/17  

パースで最もユニークな食事体験ができる、360度スカイビューレストラン。 展望レストランでの食事は誰もが体験したい憧れ。C Restaurantは、地上33階からの眺望に加えて360度スカイビューが楽しめるよう、テーブル自体がゆっくりと回転し、スワンリバーからシティーまでパースの全てを見下ろすことができます。 ガラス張りの店内は、時間帯によって雰囲気が変わり、夜は一番ロマンチック♡ プロポーズや記念日など、特別なシーンで利用されるお客様が多いというこのレストランでは、スタッフの洗練されたサービスと、さりげないお祝いの言葉が、特別な場を盛り上げてくれます。 眺望をゆったりと楽しめるよう、料理はコースメニューで提供。前菜、メイン、デザートと景色の変化に合わせて進んでいきます。フランス料理の確固たる技術をもとに、見た目鮮やかに彩られたプレートの数々は、訪れる人を幸せな気分にさせてくれること間違いなし。ひとたび口に運べば、お肉の柔らかさと、食材が織りなす複雑な味わいに思わず笑みがこぼれるはず。食事が終わる頃には、満天な星空と光輝くシティーに包まれ、忘れられない思い出になることでしょう。 特別な日の締めくくりはデコレーションプレートのサプライズで♪予約時に相談しておけば、無料でメッセージを入れたプレートを提供いただけます。 夏の時期は予約が取りにくくなるので、早め早めにアレンジをしてみてくださいね。

© 2021 experth エキスパース