年別アーカイブ:2020年

ホテル

ダックストン•ホテル

2021/7/14  

歴史と格式を備えた五つ星ホテル もともと西オーストラリア州の税務局の建物で、1996年にダックストン•ホテルとして生まれ変わり、パースの長い歴史を見守り続けている伝統あるホテル。 300以上の客室、ウェディングやファンクション、ビジネス•イベントにも使用できる多目的ルームが7つ、レストラン、バー、クラブラウンジなど、パースの滞在時間を贅沢かつ優雅に過ごせる工夫が満載。 上層階のスワンリバーが一望できるお部屋は、ずーっとお部屋に居たくなってしまうくらいの美しさが目の前に広がります。 ホテルにはコンシェルジュが常駐し、いつでもお客様を迎える準備ができています。結婚記念日や誕生日など、特別な日の宿泊の場合には、ぜひ事前にスタッフの方に伝えてみてください。素敵な時間をさらに盛り上げる演出をして下さること間違いなしです。

ホテル

アレックス•ホテル

2021/1/21  

パースの上質デザイナーズホテル パース の繁華街、ノースブリッジにあるブティックホテル。レストランやバーなどが立ち並ぶエリアにありますが、中に入るとその喧騒は一切気にならず、落ち着いた時間を過ごせます。 洗練されたインテリアでデコレーションされた館内は、どこを切り取っても絵になる美しさ。ほぼ全てパースのローカルアーティストと共に作り上げられたデザインなので、パースの魅力がギュッと凝縮されています。 ルーフトップエリアはいつ行っても最高の景色が!夕焼け空や夜景もオススメです。 お部屋もミニマルでお洒落な空間が広がります。 併設のワインバー&レストランは夜にしっぽりと♡ パースの新しいデザイナーズホテルで、快適な時間を過ごしてみてくださいね。

ホテル

キャンパス•パース

2021/7/14  

国際色豊かな仲間が集まるパースの学生寮 キャンパス•パースはパース駅から徒歩約5分で、オーストラリアの州立専門学校TAFE(テーフ)や他のカレッジ、語学学校からも近く便利な立地にある総合学生寮。 2019年にできたばかりでとっても新しく、無料Wi-Fi、ランドリー、ジム、キッチン、カフェ&レストランなど、施設の充実度は120点満点!セキュリティも完備で安心して滞在できます。 この学生寮では、世界各国から集まる留学生はもちろん、地方出身のローカルの学生など、国籍を超えて交流を図ることができるのが嬉しい!寮内では、ほぼ毎日無料イベントが開催されているので、色々な人と知り合い、友達の輪も広げられるはず。 滞在のスタイルはシングルルームから、4人部屋まで、ご自身のライフスタイルや予算に合わせて選ぶことができます。無料の内覧•見学ツアーも開催しているので、パースにいらっしゃる方はぜひ自分の目で確かめてみてください。 編集部がCampus Perth内部に潜入して徹底取材してきた様子はこちらからご覧いただけます♪ 無料内覧•見学ツアー予約受付中 無料内覧•見学ツアー予約、上記キャンペーン詳細はキャンパス•パース正規日本語窓口「オーストラリア•キャリアセンター(ACC)」までお問い合わせください。 ※エキスパースのYoutubeチャンネルでも、キャンパス•パース内の動画を続々公開中! オーストラリア•キャリアセンター詳細 パース本社:Level 6, Suite 2, Carillon City Office Tower, 207 Murray Street Perth WA 6000 東京支店:東京都千代田区内幸町1-3-1幸ビルディング9F 電話番号:(オーストラリア国内から)08-6507-0045 / (日本国内から)0011-61-8-6507-0045 営業時間: (パース本社)10:00 – 17:30 (※日本時間11:00 – 18:30) お問い合わせ:メール WEBSITE FACEBOOK INSTAGRAM

カフェ

ジプシー•ソウル

2021/7/14  

コーヒー&バー•トラックのGypsy Soulはパース市内各所のイベントやマーケットに登場する人気ショップ。とっても可愛いキャラバンカーが目印です。 編集部はキャラバンカーの中に入れていただき取材をさせていただきました! とってもフレンドリーなオーナーのMattさんとそのコーヒーの味で定評があります。どこで会えるのかはインスタグラムで随時情報が更新されるので、ぜひチェックしてみてくださいね♪

グルメ

ルビー•チャイ

2021/7/14  

受賞歴多数のオーストラリアン•チャイティー 職人ロースターとして人気のあるLeftfieldのオーナーでもあるLouiseさんプロデュースのチャイティー「Ruby Chai」はコーヒーを飲まない人にもピッタリ!実はLouiseさんもコーヒーが飲めなかったことからチャイティーのプロデュースをスタートしたんだとか。 数種類のスパイスの香りがしっかりとしたオリジナル•チャイから、ルイボスやターメリックを混ぜたユニークなフレーバー、そして一番オススメな西オーストラリア州産のはちみつMallee Honeyを使ったRuby Honey Chaiまで、選ぶのに困ってしまいそうなくらい! 購入はウェブサイトから可能です!

ワイナリー

ジェーンブルック•エステート•ワインズ

2021/1/21  

森の中のピクニックをワイナリーで♪ 木漏れ日が差し込むテラス席は開放感とマイナスイオンたっぷり。 スワンバレーとマーガレットリバーにブドウ畑を持つJane Brookのセラードアでは、西オーストラリア州のワインの味を満喫できるはず!レストランが併設されていて、森の中のテラス席でバスケットに入ったプラッターをワインのお供に楽しむのがオススメ。パースから約30分で、日常を忘れさせてくれる空間がここにあります。 2017 Back Block Shiraz $28.0 (バックブロック•シラーズ、写真中央)100年以上の歴史あるブドウ畑で採れたシラーズを使った赤ワインは、チョコレートのように濃厚な味わいが魅力。 Classic Basket $45.0 (クラシック•バスケット ※2人分)ピクニック気分を盛り上げてくれるバスケット•プラッター♡サラダ、チーズ、各種ソース&ジャム、オリーブなど、バケットとワインに合うメニューを一度にたくさん楽しめるのが嬉しい♪ 今回取材にご協力いただいた、オーナーのBeverleyさんにこのエリアの魅力をお伺いしました!ご協力ありがとうございました! Great place for day trip from Perth!パース市内中心部から近くて、便利な日帰り旅行スポット!

ワイナリー

ガービン•エステート•ワインズ

2020/10/19  

家族で受け継ぐスワンバレーの味 1956年から家族3代に渡って伝統を守りつつも、新しい味を求め続けているファミリーワイナリー。スパークリングワインの種類が多く、そのクオリティは、スワンバレーの中でも指折りです。 広い店内では、週末にライブミュージック演奏で盛り上がることも。 2018 Rose Sangiovese $19.0 (ロゼ•サンジョヴェーゼ、写真右)サンジョヴェーゼと呼ばれる品種のブドウを使った、他ではあまり見ないロゼ。ストロベリーの甘い香りと裏腹にドライな口当たりで、後味でほんのりした甘さを感じます。Sparkling Merlot $25.0 (スパークリング•メルロー、写真中央)赤ワインらしいフルボディな味わいを、スパークリングで爽やかに仕上げた一本。 今回取材にご協力いただいた、オーナーのAdamさんにこのエリアの魅力をお伺いしました!ご協力ありがとうございました! Experience great & friendly customer servise!友達や家族に接するような、フレンドリーで温かいホスピタリティを体感してね!

ワイナリー

ウィンディー•クリーク•エステート

2020/10/19  

リピートしたくなる♡ワイナリー 東京ドーム約8個分に相当する巨大なブドウ畑を持つWindy Creek Estateでは、作られているワインの数も多く、何度も訪れて全制覇したくなっちゃう。ワインの種類だけでなく、編集部が一番驚きだったのが、とってもリーズナブルな価格設定。「訪れた人に素敵な時間を過ごして欲しい」という気持ちは価格だけでなく、明るくユーモアのあるオーナーご夫婦の人柄から溢れています。 2019 Pinot Gris $12.0 (ピノ•グリス、写真右端)ブドウの皮を少し長めに残すフレンチスタイルで作られた白ワイン。少しドライでさっぱりとした飲みやすさが特徴。Ximenez $28.0 (ヒメネス、写真左端)デザートワインの豊富さとそのクオリティで名高いWindy Creekで特にオススメの一本。デザートワイン特有の甘さをしっかり感じるのに、喉に残らない滑らかさが◎ ワインテイスティングのお供に出してくれるチーズ&クラッカー♡ Windy Creekで手作りしているジャムやレリッシュはお土産にも◎ 編集部はチャトニーの美味しさに感動して即お持ち帰り。笑 天気の良い日は中庭でゆーっくりテイスティングを楽しみたい♪ 今回取材にご協力いただいた、オーナーのTonyさんにこのエリアの魅力をお伺いしました!ご協力ありがとうございました! Swan Valley’s got a nice big space to relax and feel freedom!忙しい毎日から解放されて、リラックスできる場所がここにあるよ!

ワイナリー

パンデモニウム•エステート

2021/1/21  

ユニークコンセプトの高品質ワイン Pandemonium (大混乱の場所、悪魔の巣窟、の意味)というコンセプトをもとに作られたワインラベル、そして各ワインの名前からは、他のワイナリーとは一線を画すユニークさを感じずにはいられない!ここのワインはお酒が飲めない編集部も素直に美味しい!と思える逸品揃いで、できれば本当に秘密にしたいくらいの場所です。笑 開放的なスペースの目の前は一面に広がるブドウ畑! NV Sparkling Chenin Blanc ‘Bedlam’$20.0 (スパークリング•シェニンブラン、写真左)スワンバレーで有名な品種シェニンブランを使ったスパークリングは、飲みやすく編集部もお気に入り。暑い日にはキンキンに冷やして飲みたい!2017 Savagnin Chenin ‘Verrine’ $18.0 (サヴァニャン•シェニン、写真中央)フレッシュなメロンとシトラスの香りが強く香りますが、口当たりは水のようにさらっとした白ワイン。 ワインで使用されるブドウで作られたジンが飲めるSwan Valley Gin Companyも併設! 今回取材にご協力いただいた、オーナーのLoraineさんにこのエリアの魅力をお伺いしました!ご協力ありがとうございました! There is something for everyone in Swan Valley. ワイナリーだけじゃない、どんな人にも楽しんでもらえるエンターテイメントスポットだよ!

© 2021 experth エキスパース